読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すくすくすくらっぷ

とりあえずすくらっぷ

MacにRuby on Railsの環境構築

Ruby Mac

もしかしたら近々お世話になるかもしれないので、Mac(10.11.6)に環境構築をした。

Macでは、Homebrew + rbenv + ruby-buildという方法が多いようなので、それに従って構築を行う。

Homebrewはすでに導入済みなため、早速rbenvとruby-buildをインストール。

 

$ brew update $ brew install rbenv ruby-build

でインストール。

 

シェルのrcファイルに以下を追記し、更新。

 $ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.zshrc $ source ~/.zshrc

rbenvの準備完了。

 

$ rbenv install —list

で一応 バージョンチェック。

 

しかし、色々バージョンが合ってよくわからなかったため、 現時点で安定版かつ最新っぽいバージョンをインストールし、Rubyのインストール完了!

 

あとは、どこか適当なディレクトリの中で、

$ rbenv local 2.4.0 $ ruby --version ruby 2.4.0p0 (2016-12-24 revision 57164) [x86_64-darwin15]

これで、このディレクトリ内でのみ2.4.0のRubyが使えるようになった。ひとまずめでたしめでたし。

 

あとは、gemとやら(pythonでいうpipみたいなもの?)でrailsをインストール。

$ gem install rails

railsも入ったら早速実行してみる。

 

rails new Hello Rails is not currently installed on this system. To get the latest version, simply type: $ sudo gem install rails You can then rerun your "rails" command.

ん?インストールしたはずじゃ・・・。

 ググってみると、gemがシステム標準のものが使われているのが原因っぽい? 以下のパスを追記すると良いとのことだったのだが、 すでに先頭に追加されていた。

 export PATH="$HOME/.rbenv/shims:$PATH"

 

数分格闘し、冒頭でrcファイルに追記したコマンドを実行すると、Railsが実行できた。 $ rbenv init - $ rails -v Rails 5.0.1

 

気を取り直して、railsアプリを作成してみる。

$ rails new HelloRails

 

実行が終わったら、

sh $ cd HelloRails $ rails server

 

途中で、ネットワーク受信許可のダイアログが表示されたが、 許可した。 URL(http://localhost:3000)をブラウザで開く。

f:id:blauthree:20170208234855p:plain

 

こんな画面が出てきたら環境構築完了なはず。